【口コミ】ローソンブランのバウムクーヘン食べてみた!糖質や栄養成分・原材料は?

ローソンマチカフェの「ブランのバウムクーヘン」を食べてみました!

バニラとラム酒がほのかに香るブラン入りのバウムクーヘンだそうですが、味はおいしいのでしょうか?

実際に食べてみた感想や、糖質や栄養成分、また原材料には何が使われているのか?などレポしていきます。

⇒最新ローソン低糖質おやつ全種類の食レポ一覧はコチラ

⇒最新ローソン低糖質パン全種類の食レポ一覧はコチラ

ローソンブランのバウムクーヘンを食べた私の口コミ

商品名 ブランのバウムクーヘン
価格 税込175円
栄養成分表示(1個あたり 熱量187kcal、タンパク質5.2g、脂質14.1g、炭水化物11.9g、糖質7.5g、食物繊維4.4g、食塩相当量0.32g
製造者 株式会社オイシス

⇒ローソン公式サイト

直径8cmの小ぶりサイズ

直径約8cm、厚さ約1.7cmの小ぶりのバウムクーヘンです。

重さを量ったら1個で約44gでした。

甘さはかなり控えめ

食べてみると、低糖質パンによくある「じゅわっと感」があります(←伝わるかな)

良く言えば「しっとり」ですが、バターのしっとり感ではないんですよね。これは低糖質甘味料の独特の口当たりなのかなぁ?

甘さもかなり控えめですね。

食べた後口にも独特のクセが残ります。これはやはり低糖質甘味料の特徴かな。

バウムクーヘンらしい密度の高さがあるので食感的な満足度はありますが、「甘いスイーツ」を求めて食べるとちょっと物足りないかも知れません。

同じローソンマチカフェの糖質オフスイーツで言えば「ブランのミルクスコーン」や「ブランのショコラケーキ」の方がクセもなく甘みを感じやすいです。

ブランのバウムクーヘンの糖質や栄養成分・原材料は?

甘みは控えめで、低糖質甘味料らしい独特の後味が気になってしまった「ブランのバウムクーヘン」ですが、糖質や栄養成分はどうなのでしょうか?

また原材料には何が使われているのか見ていきます。

糖質7.5gとかなり低糖質

ブランのバウムクーヘンの注目の栄養成分は次のとおり。

糖質・・・7.5g

・カロリー・・・187kcal

・食物繊維・・・4.4g

例えばコンビニのバウムクーヘンで比較すると「セブンイレブン 金のしっとりバウムクーヘン(198円)」は糖質36.1g、372kcal、食物繊維0.9gです。

比べるとかなり低糖質・低カロリー・食物繊維豊富なのがわかりますよね。

(ただし味は金のしっとりバウムクーヘンの方が甘くて風味が良く断然おいしいです!笑)

独特の後味はエリスリトール?

原材料を見てみると、意外と上位に小麦粉が入っていました。

大麦粉や小麦たんぱく、オーツブランも配合されていますが、割合的には少なそうですね。

砂糖も使われていますがエリスリトール(カロリー0で砂糖の70~80%の甘さをもつ甘味料)が多く配合されています。

食べた時の独特の後味はエリスリトールのせいかも知れません。

難消化性デキストリンや食物繊維、シトラスファイバーも配合されているので、ブランのバウムクーヘン1個で食物繊維4.4gが摂れます。

バウムクーヘン好きには良いかも?

価格は税込175円でした。

正直な感想としては「・・・ちょっと高いかな」です^^;

ローソンには他にももっとおいしい低糖質おやつがあるので、税込175円出してこれはもう買わないかな~?

でも「バウムクーヘン大好きだけど糖質が気になって食べれない!」という方には最適な低糖質スイーツだと思いますよ!

まとめと総評

・甘さ控えめ&低糖質甘味料のクセは少し気になる

・糖質7.5gとバウムクーヘンにしては低糖質!

・税込175円はちょっと高いと感じてしまった・・・

⇒最新ローソン低糖質おやつ全種類の食レポ一覧はコチラ

⇒最新ローソン低糖質パン全種類の食レポ一覧はコチラ