【口コミ】ローソンもち麦のあんバターブレッド食べてみた!糖質やカロリー&原材料は?

ナチュラルローソンの低糖質ブランパンシリーズから「もち麦のあんバターブレッド」を食べてみました!

食べてみた感想や、糖質&カロリーなどの栄養成分、原材料などについてレポしていきます。

⇒最新ローソン低糖質パン全種類の食レポ一覧はコチラ

⇒最新ローソン低糖質おやつ全種類の食レポ一覧はコチラ

ローソンもち麦のあんバターブレッドを食べた私の口コミ

商品名 もち麦のあんバターブレッド
価格 税込150円
栄養成分表示(1個あたり) 熱量165kcal、タンパク質7.2g、脂質7.0g、炭水化物24.7g、糖質11.9g食物繊維12.8g、食塩相当量0.6g
含まれているアレルゲン 乳、卵、小麦、オレンジ、大豆
製造者 山崎製パン株式会社

⇒ローソン公式サイト

中身の詰まったずっしりパン

長さ16cmほどの細長いパンで、持つとわりと重さがあります。

中に詰まっているのね~って感じです。

2個買ったのでそれぞれ重さを量ってみると、1個は58g、1個は67gとバラバラでした。

あんこ&バターたっぷりで甘い!

中を切って開いてみるとこんな感じ。予想以上にあんこ&バターがたっぷりです♪

食べてみると、あん&バターの味がしっかり甘くて濃い

生地には大麦粉(もち麦粉)が使われているそうですが、あん&バターと一緒に食べるので低糖質粉のクセは感じません

ただし、あと口に少し低糖質甘味料のクセが残ります。この感触がキライな人は敏感に感じとってしまうかも?

でも「あんこ」は糖質が高いので糖質オフ中は避けてしまう食品なので、この甘さを味わえて低糖質ならかなりありがたいパンだと思います。

もち麦のあんバターブレッドの糖質やカロリー&原材料

あん&バターたっぷりで甘さ充分な「もち麦のあんバターブレッド」ですが、糖質やカロリーなどの栄養成分や、原材料には何が使われているのかなど見ていきます。

糖質やカロリーなどの栄養成分は?

栄養成分(1個あたり):熱量165kcal、たんぱく質7.2g、脂質7.0g、炭水化物24.7g、糖質11.9g、食物繊維12.8g、食塩相当量0.6g

とっても甘くてボリュームもあるのに、1個まるまる食べても糖質11.9g、165kcalには驚きました。

しかも、たんぱく質7.2gと高たんぱくで、食物繊維12.8gも摂れることにも驚き!

【※1日に必要なたんぱく質量の目安は体重1kg×0.8gです(※体重50kgなら40g)、また食物繊維の必要量目安は男性20g、女性18gです】

原材料は?

原材料:つぶあん(国内製造)、植物性たん白、バター、小麦粉、マーガリン、大豆粉、卵、糖類、大豆粉(もち麦粉)、でん粉、パン酵母、食塩、乳等を主要原料とする食品、発酵風味料、イヌリン、シトラスファイバー、植物油脂/加工デンプン、甘味料(ソルビット、スクラロース)、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、乳化剤、HPMC、香料、メタリン酸Na、調味料(アミノ酸)、(一部に乳成分・卵・小麦・オレンジ・大豆を含む)

生地には植物性たん白、大豆粉、大麦粉(もち麦粉)、でん粉などが使用されており、これにより一般的なパンより低糖質・低カロリーに抑えられているようです。

また、腸内で発酵分解されるとフラクトオリゴ糖になる水溶性食物繊維「イヌリン」や、約10倍の水分を保持して膨らむ性質のある食物繊維「シトラスファイバー」も配合されており、さらに食物繊維豊富なパンに仕上がっているようです。

食べた時に感じた甘味料のクセですが、スクラロースが入っているようなのでそれかな?と思います。スクラロースは砂糖の約600倍の甘さを持ち、カロリーは0という人工甘味料です。

それらを使っているため、充分な甘さのあるパンなのに低糖質・低カロリーに仕上がっているのですね。

まとめ

・あん&バターの甘さは充分!「甘いモノ欲」が満たされる

・充分甘いのに糖質11.9g、165kcalには驚き!

・ただし甘味料のクセが少し残るので苦手な人は苦手かも?

⇒最新ローソン低糖質パン全種類の食レポ一覧はコチラ

⇒最新ローソン低糖質おやつ全種類の食レポ一覧はコチラ