【口コミ】ビオレメイクとろりんなで落ちジェルを使ったレビュー!ネット評価や成分解析も!

ビオレの「メイクとろりんなで落ちジェル」を使ってみました!

美容液成分58%配合なのに「なでるだけで毛穴の奥からメイクとろける」らしく、ウォータープルーフマスカラも落とせるのだとか!

たろりこ
なんだか肌にやさしそうなネーミングだし、乾燥が気になる40代の私はとても気になります!
というわけで、私も実際に使ってみて正直な感想をレビューしていきます。
 

また、後半ではメイクとろりんなで落ちジェルの成分解析もしてみました!


スポンサーリンク

ビオレメイクとろりんなで落ちジェルの基本スペックと世間の評判

商品名 ビオレ メイクとろりんなで落ちジェル
内容量 170g
価格 695円(参考:Amazon)
1回の適量 直径3cm程度
濡れた手 OK
W洗顔 不要
メイク落ち しっかりメイク対応・ウォータープルーフマスカラ対応
洗い上がり しっとりタイプ

使い方

適量(直径3cm程度)をメイクとなじませてから洗い流します。

※クレンジング後のW洗顔不要

ネットでの評判

@コスメでの総合評価は4.1点/7点満点(口コミ619件)となかなかの高評価です(※2019年12月27日調べ)

代表的な良い口コミ

・メイクがよく落ちる

・使用後の肌がしっとりで乾燥しない

代表的な悪い口コミ

・ウォータープルーフマスカラは落ちにくい

・すすぐ時やすすいだ後にヌルヌルする

世間の口コミをまとめると?

たろりこ
口コミをまとめると、保湿重視のクレンジングで乾燥はしなさそうだけどメイク落ちはそこまで強くないのかな?という印象です

40代の私としては、乾燥しないのは良さそう!でも落ちが弱くてメイク残りがあると肌荒れに繋がるので元も子もないので注意したいところです。

では、以上を踏まえて実際に私も使ってみます!


スポンサーリンク

ビオレメイクとろりんなで落ちジェルを使った私の口コミ

香り:ほのかなフローラル○

フローラルの香りです。そんなに強くない。ほのかに香る程度で万人向きかな。

テクスチャ:みずみずしい◎

半透明のみずみずしいジェルです。とてもやわらかくて伸びが良い。

肌と指の間にクッションができるので摩擦が少なくて済んで◎

メイク落ち:予想より落ちる◎

実は「ジェルなんでメイク落ち弱めだろう」と先入観があったんですが・・・

思ったよりメイク落ち良いです!

というのも、厚みのあるジェルだからメイクになじませやすいんですよね。

オイルやリキッドだと垂れてしまいますが、ジェルが密着するから思ったよりメイク落としがスムーズにいきます。

肌をこすらずに済むので使用感も良いです。

ウォータープルーフマスカラ:溶け出しは遅いが結果◎

これも意外だったんですが!

クルクルしはじめの溶け出しは、やはりオイル等に比べて遅めなんですよね。洗浄力そのものはそれほど強くなさそうです。

でも、ジェルが肌の上にとどまってクルクルしやすいから、結果的に落としやすいです。

ジェルの厚みで肌をこすらずに済むので、よほど濃い目のメイクでなければオイルやリキッドより使いやすそう、と思いました。

洗い上がり:ややヌルヌル△

口コミにあったとおり、すすぎ時はちょっとヌルヌルします。

ジェルが肌に密着しているので、流すのに少し時間がかかります。

しかも、すすいだ後も肌が少しヌルンっとしていて、それが潤いなのかすすぎ残しなのかよくわからない感じ。

たろりこ
いつまですすげば良いのか、すすぎのやめ時をちょっと迷ってしまいます・・・
あまり長くすすぎすぎると肌が乾燥してしまいますしね。
もう少しにサっと短時間で流れてくれるとベストだなという印象です。

使用後の肌:しっとり◎

口コミどおり、使用後の肌はしっとりしています。
ジェルの厚みで肌をこすらないで済むし、W洗顔不要だし、これは肌に負担をかけなくて良さそうです。
ただ、私のようなコンシーラーべっとりおばさんとしては「本当に落ちてるかな?」と少し心配になるところもあります。
すすぎ後の肌にスッキリ・さっぱり感を求める人には向いていないかもですね。
たろりこ
でも何回かクレンジング後にふきとり化粧水で拭いて検証してみましたが、メイクが残っていることはありませんでしたよ!

スポンサーリンク

メイクとろりんなで落ちジェルの全成分と特徴

全成分:グリセリン、水、メチルグルセス-20、ジカプリリルエーテル、BG、イソノナン酸イソノニル、ベタイン、ジメチコン、ラウリン酸PEG-12、イソステアリン酸ポリグリセリル-2(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、セチルジメチルブチル、デシルグルコシド、クエン酸Na、水酸化K、イソステアリルグリセリル、クエン酸、酸化チタン、PEG-6、フェノキシエタノール、香料

保湿剤たっぷり

成分表を見ると、水(基剤)よりグリセリン(保湿剤)の方が多く配合されています。
その後も上位にたくさんのエモリエント剤が並んでいます。
美容液成分58%配当とのことで保湿重視なのがわかりますね。

ジェルで汚れを絡めとる仕様?

上位には保湿剤ばかりなので、洗浄力が強そうな印象ではないですね。
でも実際に使うとよく落ちます。これはまさにジェルで汚れを絡め取る仕様なのだと思います。
そのため、量をケチらずたっぷり使ってメイクを包み込んで落とすのが上手な使い方だと言えそうです。

すすぎはしっかり

被膜力の強いメチルグルセス-20やジメチコンが高配合されているようです。

すすぎ後にヌルつきが残るのはこのせいかな、と思います。

肌の上に残したままだと良くないので、すすぎはしっかりおこなって、ヌルつきを感じなくなるまでしっかり流した方がよさそうですね。


スポンサーリンク

まとめと感想

実際に使ってみた感想と、成分を分析してみた感想をまとめると・・・

「たっぷり使うのがコツ!肌をこすらなくてもよく落とせて使いやすいクレンジング」

という感じです。

ただヌルつきが残りやすい仕様なので、すすぎはしっかり行うことが大切です。

また、洗浄力そのものはそれほど強くなく、ジェルで絡め取る仕様なので濃い目のメイクの方は落とすまでに多少時間がかかりそうです。

ただしあまりにも長くすすぐとそれはそれで後で乾燥しそうなので「短時間でわかりやすくスッキリしたい」人にはオイルとかの方が向いてるかも!

ビオレにはいろんなタイプのクレンジングがあるので、いろいろ試してみるのも楽しいですよ↓

【ビオレクレンジング5種類を実際に試して比較してみました!】