ハーブガーデンシャンプーを成分解析!「かゆみが出た」の声が多い原因はなに?

今回は「植物の力で髪本来の美しさを取り戻そう」がコンセプトのハーブガーデンシャンプーを成分解析してみました!

天然成分100%使用、ノンシリコン、オーガニック処方というこだわりで、ナチュラルケア志向の女性に多大な人気を誇っているシャンプーです。

ところが、口コミを見ると「かゆみが出た」「湿疹が出た」などの肌トラブルを起こす例もあるようです。

たろりこ
肌にやさしそうなイメージなのに意外ですし、原因が気になりますよね!

というわけで「もしかして何か変な成分が入っているのでは?」と疑いつつ、ハーブガーデンシャンプーの全成分を詳しく見ていきます。

ハーブガーデンシャンプーの全成分

全成分:水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、サピンヅストリホリアスツ果実エキス、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、フムスエキス(フルボ酸含有)、シンジオフィトンラウタネニ核油、バオバブ種子油、ユチャ油、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、クエン酸、加水分解シルク、ポリクオタニウム‐10、センブリエキス、ユズ果実エキス、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、銀、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、香料(アロマ精油ブレンド)

洗浄成分を解析

シャンプーでもっとも大切なのは「洗浄成分の質」ですが、ハーブガーデンシャンプーの洗浄剤はとても肌にやさしい天然素材ばかりです。

上記の成分表の中で洗浄成分は以下の通り。

ラウロイルメチルアラニンNa・ココイルグルタミン酸Na・ココアンホプロピオン酸Na・コカミドプロピルベタイン・ココイル加水分解ダイズタンパクK・サピンヅストリホリアツス果実エキス

アミノ酸系の洗浄剤をベースに、両性系・ベタイン系など比較的マイルドで低刺激な洗浄剤が組み合わされています。

ココイル加水分解ダイズタンパクKは、高級シャンプーに配合される保湿作用があり上質な洗浄成分。

またサピンヅストリホリアツス果実エキスはソープナッツと呼ばれる天然の木から摂れる洗浄剤です。

たろりこ
全体的に低刺激でマイルドな質の良い洗浄剤ばかり使われています。「洗いすぎ」や「乾燥」を防いでくれそうなやさしい内容だと言えます

基材(水)を解析

一般的にシャンプーの基材には水が使われますが、ハーブガーデンシャンプーには「オーガニックハーブティー」が使われています。

公式サイトによると、オーガニックティーには自然農法で育った以下の7種類のハーブが使用されているとのこと。

ローズマリー(フケ防止)・ローリエ(フケやかゆみ防止)・ミント(除菌作用)・カモミール(保湿、リフレッシュ効果)・バジル(保湿、頭皮を清浄に保つ)・よもぎ(かゆみ抑制、消臭作用)・すぎな(保湿、抗白髪作用)

濃度がわかりませんし、正直どれだけの効果があるのかは不明です。ですが、素材1滴にもこだわっていることはよくわかります。

保湿成分を解析

グリセリン・ヤシ油(ココナッツオイル)・アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)・シンジオフィトンラウタネニ核油(モンゴンゴオイル)・バオバブ種子油(バオバブオイル)・ユチャ油(椿油に似た植物油)・加水分解シルク(絹)・ラフィノース(オリゴ糖)・シロキクラゲ多糖体・ヒアルロン酸Na

保湿力の高い数種類の植物オイルが使用されています。成分表の名称ではわかりにくいですが、( )内の呼び名に変えるとわかりやすいですよね。

肌なじみが良く安定性の高い天然美容オイルが厳選されているのがわかります。

またラフィノースやシロキクラゲ多糖体など、化粧品によく使われる保湿成分も配合されています。

頭皮・毛髪ケア成分を解析

フムスエキス(保湿・抗酸化)・アロエベラ葉エキス(抗酸化・抗老化)・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(毛髪修復)・センブリエキス(血行促進・育毛)・ユズ果実エキス(保湿・血行促進)・サンショウ果実エキス(血行促進・育毛)・グレープフルーツ果実エキス(保湿・抗菌)・スイカズラ花エキス(抗老化・抗白髪)・プルサチラコレアナエキス(抗炎症)・アルニカ花エキス(血行促進)・オドリコソウ花/葉/茎エキス(フケ防止・消炎)・オランダガラシ葉/茎エキス(発毛促進)・ゴボウ根エキス(フケ予防・育毛)・セイヨウキズタ葉/茎エキス(抗炎症)・ニンニク根エキス(血行促進)・セイヨウアカマツ球果エキス(保湿・消臭)・ローズマリー葉エキス(血行促進・抗老化)・ローマカミツレ花エキス(脱毛抑制)・ソメイヨシノ葉エキス(抗酸化)

育毛剤にも配合されるような、頭皮ケア成分が数多く入っています。

いずれも天然植物エキスが使用されていて、天然素材へのこだわりがわかります。

シャンプーそのものは短時間で洗い流すものなので、これらの成分の効果がすぐに現れることは考えられません。

しかし、3ヶ月~半年以上継続して使うことで頭皮環境が改善され、将来的に豊かな髪を育てる頭皮状態を保ってくれることは期待できます。

保存料を解析

シャンプーにはパラベンや安息香酸Naなどの保存料が配合されるのが一般的です(でないと腐ってしまうので)。

ところがハーブガーデンシャンプーは保存料不使用です。

でも品質を保つには必ず要りますから、何が入っているのかな?と見たところ「銀」が配合されています。

銀には防腐や殺菌の効果があります。

また、サンショウ果実エキスグレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキスにも抗菌・防腐作用がありますので、このあたりで保存料不使用を実現しているようです。

結局かゆみが出る原因はなに?

肌に害のありそうな成分は見当たらず

ハーブガーデンシャンプーを解析した結果

「これがかゆみの原因だ!」

という成分は特に見つけられませんでした。

シャンプーによっては洗浄成分が強すぎるために頭皮の乾燥を呼び、それがかゆみや湿疹の原因になることがあります。

しかし、ハーブガーデンシャンプーの洗浄成分はどれもマイルドで、高級シャンプーに配合されるような質の良い成分ばかりでした。

また、天然由来にこだわった植物オイルや植物エキスを数多く配合していたりと素材へのこだわりも強く、特に肌に害のありそうな成分は見当たりません。

強いていうなら植物エキス

しかし、たしかに口コミには「使い始めてからかゆみや湿疹が出た」という声があります。

そこで、ハーブガーデンシャンプーでかゆみが出た原因を強いていうなら「植物エキス」との相性かな?と思います。

ハーブガーデンシャンプーには多くの種類の植物エキスが配合されていますが、天然成分だからといって必ずしも肌になじむわけではありません。

体質によってさまざまなアレルギーがあるように、人によっては植物エキスが肌に合わず、肌が過剰に反応してしまうことがあります。

たろりこ
たとえば「サンショウ果実エキス」には頭皮を刺激して血行を促す育毛促進効果がありますが、これが肌に合わない人もいそう・・・
元々なにかしらのアレルギーを持っている人は、成分表を見てチェックしてみてくださいね。
(※ハーブガーデンシャンプーには30日間返金保証があるので、とりあえず肌に合うか試してみることもできますよ)

ただし口コミのほとんどは高評価

ハーブガーデンシャンプーでかゆみが出たという口コミは確かにありますが、ほとんどの口コミサイトでは高評価を得ているのも事実です。

・@コスメで☆5.3点/7点満点(口コミ389件)

・LIPSで☆4.4点/5点満点(口コミ27件)

・Amazonで☆4.3点/5点満点(口コミ192件)

・楽天市場で☆4.38点/5点満点(口コミ8件)

(※すべて2020年1月現在)

使用感についてはほとんどの方が絶賛しているシャンプーなので、天然成分100%のこだわりシャンプーを探している方は試してみるのをオススメしますよ!

【⇒私がハーブガーデンシャンプーを試してみたレビューはコチラ】

まとめ

ハーブガーデンシャンプーを成分解析してみましたが、天然の素材にこだわって肌にやさしい成分を厳選した上質なシャンプーでした。

口コミサイトでは「かゆみや湿疹が出た」という声がいくつかあったのですが、考えられる可能性としては天然の植物エキスが肌に合わなかったことが挙げられます。

あらかじめ植物アレルギーがわかっている方は使う前に成分表を確認してみましょう。

また肌に合うか不安な方も、30日返金保証があるので一度お試しで使ってみると良いですよ。